ピアノ買取総合センター HOME>ピアノについて

ピアノについて

世界中で一番愛されている楽器”ピアノ”。
ピアノの魅力を5つのポイントでご紹介します。

ピアノについて

①楽器の王様と言われています。それがピアノです
  世の中にはあらゆる楽器がありますがその中でも様々な音楽に持ちいれられ演奏されるのがピアノです。

音楽を表現することに非常に優れ演奏目的として使われることはピアノの魅力を余すことなく奏でることができる。またピアノは汎用性の高い楽器であることから、 作曲や音楽教育、作品研究などにも広く用いられている。

ピアノ演奏者とはピアニストに限らず、他楽器奏者、声楽家、作曲家、指揮者、音楽教育者などにも、音楽の基本的な要素を得る為や教育の為 演奏技術の習得をする演奏者人口も他の楽器奏者より群を抜いて多い。
     
  ②なぜピアノは優れているのか?
    なぜピアノはこれほど世界中の人々に演奏され愛されているのか?その理由を挙げてみます。

○ダイナミックレンジが広く、ささやくような弱い音から、ピアノ協奏曲でオーケストラに匹敵する大きな音まで出すことができる。
○指先に込められたどんな思いにもしっかりと応えてくれます。
○音域が広いのでオーケストラのどの楽器よりも低い音と高い音が出る。
○様々な音の組み合わせが可能になり、表現の幅が広がります。
○同時にたくさんの音が出せる。
○メロディーから伴奏に和音を重ねる事が出来る。
○誰でも簡単に音が出るので初めてピアノに触る人でも、鍵盤を叩くだけできちんと音程があった綺麗な音を出すことができます。
     
  ③ピアノの構造について
    ピアノとは弦をハンマーで叩いて音を出す楽器であり、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。

ピアノの基本的な構造は、鍵盤、アクション(ハンマーとダンパー)、弦、響板、ブリッジ、フレーム、ケース、蓋、ペダルなどからなる。 打鍵に連動してダンパーがあがると共にハンマーが弦を叩いて振動させ、この振動は弦振動の端の一つであるブリッジ(駒)から響板に伝わり拡大される。

ペダルによって全てのダンパーがあげられていると、打弦されていない他の弦も共鳴し、ピアノ独特の響きを作り出す。 鍵から手を離すとダンパーがおり、振動が止められる。
ピアノは黒鍵36、白鍵52の計88鍵を備える
     
④グランド・ピアノの魅力
  グランド・ピアノは楽器の中でもきわめて大型の楽器である。地面と水平にフレームと弦を配し、弦は奏者の正面方向に張られるからである。

幅広いダイナミックレンジを持ち、豊かな響きや多彩 な音色を奏で、演奏的には手につくタッチ感が感じる事が出来る。 演奏者が曲にこめた豊かな音の表情をあますことなく伝えることができる楽器です。

グランドピアノの特長には、 音がなめらかでよく伸び、ピアニシモからフォルティシモまで豊かに響く 音程感が良く、微妙な表情がつけられる トリルなど、連打ができるので速いフレーズを弾く事ができる。
     
  ⑤人々に愛されるアップライト・ピアノについて
    アップライト・ピアノは限られた設置面積でピアノ演奏が楽しめるようにフレームや弦、響板を鉛直方向に配し、上下に延びるように作られている。

グランド・ピアノよりも場所を取らないため、家庭や、学校や音楽の教室、施設などグランド・ピアノを設置する場所を取れない場所に広く設置されている。 なので様々な場所や条件に対応できるので広く愛用されています。
     



ピアノの種類について

グランドピアノ

ピアノとは本来グランドピアノのこと。
幅広いダイナミックレンジ、多彩 な音色、豊かな響き、手に伝わるタッチ感、それらのすべてがあいまった平型のピアノ。
グランド・ピアノは地面と水平にフレームと弦を配し、弦は奏者の正面方向に張られる。そのため、グランド・ピアノはきわめて大型の楽器となり、充分に共鳴の得られる、天井の高い広い部屋に設置することが理想的である グランドピアノは楽器の中でもきわめて大型の楽器である。
地面と水平にフレームと弦を配し、弦は奏者の正面方向に張られるからである。

幅広いダイナミックレンジを持ち、豊かな響きや多彩 な音色を奏で、演奏的には手につくタッチ感が感じる事が出来る。
演奏者が曲にこめた豊かな音の表情をあますことなく伝えることができる楽器です。
グランドピアノの特長には、 音がなめらかでよく伸び、ピアニシモからフォルティシモまで豊かに響く 音程感が良く、微妙な表情がつけられる トリルなど、連打ができるので速いフレーズを弾く事ができる。

アップライト・ピアノ

アップライトピアノは、鍵盤とハンマー部分から上下に延びるように作られているため、グランド・ピアノよりも場所を場所を選ばず一般家庭のレッスン用、趣味用から学校での音楽教育用まで、様々な場所で利用されている。

アップライト・ピアノは限られた設置面積でピアノ演奏が楽しめるようにフレームや弦、響板を鉛直方向に配し、上下に延びるように作られている。
グランド・ピアノよりも場所を取らないため、家庭や、学校や音楽の教室、施設などグランド・ピアノを設置する場所を取れない場所に広く設置されている。なので様々な場所や条件に対応できるので広く愛用されています。

電子ピアノ

電子ピアノ(でんしピアノ)とは、音源部に電子回路を用いたピアノ型の楽器である。
「デジタル・ピアノ」とも呼ばれる。

電子ピアノはアコースティックの代替ではなく、電子ピアノならではのアコースティックではできない音量調整やヘッドフォンを使った深夜練習にも適していたり、電子ピアノのモデルによっては数多くのデモ曲や音色が使え、メトロノームやアンサンブル、録音までできる機能も楽しめます。

音源については、初期の製品にはFM音源などを使用したものもあったが、現在ではPCM音源を用いているものが主流である。
電子ピアノでは、物理的に弦などを振動させることはなく、鍵盤は根本的にはスイッチの役割を果たし、電子回路が音を生成している。
電子ピアノではあらかじめサンプリングされた音が変わらず鳴り続けるので調律の煩わしさからは解放されます。

エレクトリックピアノ(電気ピアノ)

エレクトリックピアノ(電気ピアノ)とは、ピアノと同様な鍵盤と、機械的な各種の発音メカニズムを持ち、発音体の振動をピックアップで電気信号に変換し、アンプとスピーカーから音を再生する鍵盤楽器である。

普通のピアノと違い、アンプの駆動に電気を必要とする。エレクトリックピアノは機械的な打弦メカニズムを持つ。そのため、音声信号そのものを電子回路によって生成する、電子ピアノ(デジタルピアノ)やシンセサイザー等とは全く別の楽器である。

一般にエレクトリック・ピアノとは、ピアノと同様に弦や金属棒などをハンマーで叩き、その振動をピックアップで拾い、アンプで増幅して音を出すものをいう。

代表的なものとしてローズ・ピアノやヤマハCP-80、ウーリッツァー・ピアノなどがある。エレクトリック・ピアノは、ピアノとは違った独特の味わいを持った音色のものも多い。




電話&FAXで査定



FAX申し込み用紙はこちらからクリックして印刷してください。
用紙のダウンロードの場合は上のリンクを「右クリック」して「対象をファイルに保存」してください。