HOME>電子ピアノ買取査定
電子ピアノ
     
 
   
 

電子ピアノについて

以前はピアノといえばアコースティックピアノ(木製)でしたが最近は住宅事情や、電子ピアノの性能向上ににより 電子ピアノでピアノを始めていたり、アコースティックピアノを手放して電子ピアノを利用するかたが増えています。

ピアノ買い取り査定に必要な電子ピアノについて

電子ピアノとは、音源部に電子回路を用いたピアノ型の楽器であります。
かつてはピアノタッチがオルガンのようなキーボードタイプのものが主流でしたが現在はアコースティックピアノに近い ハンマーアクションを用いた電子ピアノが手ごろな価格で作られております。
音色については誰が引いても同じ音が出るといったメリットでありデメリットがあります。
アコースティックピアノは木製ですのでそのピアノひとつひとつに独自の鳴りがあり、それが無限の音色の違いを生み出しますが 電子ピアノは誰が弾いても同じ音が出ます。
耐用年数にも大きな違いがあります。アコースティックピアノは調律と磨耗部品の交換等でメンテンス次第では 何十年も使用することが可能ですが電子ピアノは電気機器ですので10年ぐらいになります。

電子ピアノのメリットはやはりその大きさ・軽さ・安さ・静音性ではないでしょうか。
住宅事情により電子ピアノの選択しかないかたも いらっしゃるのではないでしょうか。2階以上に設置の場合もアコースティックピアノに比べ非常に簡単に設置ができ、 部屋の移動も楽にできるということもあります。アコースティックピアノが200kg以上ありますが電子ピアノは平均50kgです。
アコースティックピアノを2階以上にピアノを設置する場合は床が抜ける状況がある場合があるので 時として工務店などに相談が必要な場合があります。

基本的に電子ピアノはヘッドフォンで夜間でも演奏ができます。
お隣を気にせず時間を選ばず練習がしたいと思っているかたは 電子ピアノを使用することは大きなメリットではないでしょうか。
アコースティックピアノと違い家電店などで購入できることも購入の際の利便性があるといえます。

2001年4月1日施行の家電リサイクル法に伴い、電子ピアノも電化製品なので処分するのにも費用がかかります。
電子ピアノは大きさ・重さがあるので自治体などに処分を頼むと驚くような高額な費用がかかる場合があります。
リサイクルショップでも製造から5年以外のものは買取りが不可能というお店がほとんどです。

電子ピアノ専門買取業者ならメーカー、モデルなどに応じて思わぬ買い取り金額がつくことがあり、 専門ならではの買取査定がでます。

電子ピアノは中古で人気がないのは耐用年数が短いからです。
ただ電子ピアノでも人気機種は存在しており、特に購入から5年以内であれば中古での売却の査定額はグっとあがります。




電子ピアノ買い取りに必要な査定のチェックポイント




ピアノを処分したお客様の成功事例

ヤマハやカワイのブランドメーカー以外のピアノ。 思わぬ金額が付いたので、嬉しかったです。
古いピアノだったので不安だった。 引取りのときも明るい対応で、気持ち良く売れた。
地元の買い取り業者に断られた。 数社から査定が届き、比較できた。
3階なので高額の引取金額を請求された。 査定がクレーン作業の業者に頼めた。
電子ピアノだったけど、査定をしてもらえました。 まさかとは思ったが金額が付いて驚いた。
ボロボロのピアノで処分できるか不安だった。 丁寧に査定の説明を聞けて安心して売れた。
祖母からもらったピアノなので価値がわからなかった。 海外で有名なメーカーだったので高額で売却できた。
ヤマハ・カワイ以外のピアノでメーカー名しかわからない。 丁寧に調べ方を教えてもらい査定が届いた。

ピアノを処分する前に用意すること

まずは処分したいピアノの情報を控えておきましょう。

○メーカー名を必ず伝えましょう。
○品番・製造番号・ペダルの本数・ピアノの色を伝えましょう。
○ピアノの状態を伝えましょう。細かく伝えることで取引時のトラブルを無くすことができます。
○ピアノがどのような建物にどのようにおいてあるのか。ピアノをどのように搬出きでるか。

以上のような情報を控えたら無料で一括査定に進みましょう!



電話&FAXで査定



FAX申し込み用紙はこちらからクリックして印刷してください。
用紙のダウンロードの場合は上のリンクを「右クリック」して「対象をファイルに保存」してください。